全く新しい「お金」を使う

料理

スマホ1つで店頭決済

近年、街中のレストランや居酒屋などの飲食店を中心に、ビットコインの使える店が増えてきています。ビットコインは、一般に仮想通貨と呼ばれています。普通のお金のように使えますが、紙幣やコインが発行されるわけではありません。取引所と呼ばれるウェブサイトで現実のお金と交換することで入手し、インターネット上の口座内でのみ管理を行います。いわゆる電子マネーと似たシステムですが、電子マネーのように特定の企業が運営しているわけではなく、ビットコインに通貨としての価値を認める人同士の相互信用によって成り立っているというユニークな特徴を持っています。ビットコインの使える店が増加しているのには、このシステムが非常に利用しやすいという理由があります。先述した通り、取引所を利用すれば原則として誰でもビットコインを入手できます。クレジットカードの会員になる時のように、審査などを受ける必要はありません。さらに、取引所を通さず他人から直接受け取ったりすることもできます。それでいて、ビットコインの使える店ではクレジットカード決済の場合と同様にキャッシュレスで食事や買い物ができるのです。また、店側も特別な審査などを受ける必要はなく、タブレットなどの情報端末さえあれば簡単にビットコインの使える店になることができます。非常に便利なこのビットコインですが、気をつけるべき点もあります。それは、取引所で現実のお金と交換する際のレートが、外国為替と同じように日々変動することです。つまり現実のお金に対して価値が上がったり下がったりすることがあるわけです。そのため、保持している間はこまめにレートをチェックする必要があります。

Copyright© 2017 リーズナブル価格で本格的なイタリアンが味わえる! All Rights Reserved.