関東と関西が両方楽しめる

鰻料理

店ごとにスタイルが違う

うなぎが食べれる飲食店は日本全国にありますが、関東か関西かでうなぎの焼き方は違います。関東はうなぎを背開きにして、蒸してから焼きます。ふんわりとした食感が楽しめるのが特徴です。関西は、うなぎを腹開きにして炭火焼きにします。香ばしい香りと、うなぎのパリパリ感が楽しめます。この違いは、江戸時代に出来上がりました。江戸時代になるとうなぎは庶民にも食べられるようになりましたが、うなぎの腹を引き裂くのは武士の切腹に似ていると思われていたのです。武士の誕生は関東の鎌倉時代であり、江戸は武士の町です。腹を切り裂くのは武士に相応しくないとして、うなぎの背中を切るようになったのです。関西は上方で、天皇家の影響が強かったので腹を切り開くのに抵抗はなかったのでしょう。浜松は東海地方です。豊橋に近く、どちらかと言うと名古屋寄りなんですが、関東と関西の中間地点です。そのため、うなぎを背切りにするか腹切りにするかは決まっていません。浜松の飲食店では、関東のやり方と関西のやり方が入り混じっています。それが浜松の特徴です。それゆえ、浜松では飲食店によって関東風か関西風かスタイルが異なります。基本的には関東風でも関西風でもおいしいのですが、味わいは違います。今回は関東風だったから次は関西風のお店にしよう、私は関西風の方が好きだから浜松では関西風のお店を選ぼうなどができるのが浜松です。関東と関西の中間地点だからこそできた浜松独自のうなぎ文化です。それが現代でも繋がっています。

Copyright© 2017 リーズナブル価格で本格的なイタリアンが味わえる! All Rights Reserved.